週刊誌の折込広告、タブロイド紙、街中にあるチラシやDMで「債務の整理任せてください

週刊誌の折込広告、タブロイド紙、街中にあるチラシやDMで「債務の整理任せてください」「多重債務を統合したいと思ったら」などといった売り言葉を目に入れることがありませんか。

それらは、「整頓屋」「買取専門人」「紹介人」という名称の悪徳業者の詐欺広告のケースも存在します。

そのようなものを依頼した際には破産の中で免責許諾を受け取れない危険性も存在します。

「整理人」の場合ビラなどで多重負債者を引きつけ、高額のサービス料を受け取って債務整頓をするのですが実際は負債整頓はなされず、借金者はさらに負債地獄に陥る場合がほぼすべてと思われます。

「買取専門屋」は、負債者のカードで電化用品、コンサートの券などを限界まで購入させて、負債人から購入した品を値段の3割ー額面半値で引き取るという手法を使っています。

債務人は一時はキャッシュが得られますが少しすればクレジット会社経由で品物の全額の返済請求が送られて来ることになり、結局のところ債務額を悪化させる結末で終わります。

このケースではカード会社への詐欺であるとされてしまい免責判定を手に入れられなくなります。

「紹介人」は、人気の金融業者から拒絶されるようになった負債人について業者としては金貸しは全然せずに、融資をしてもらえる他の店を知らせ、すさまじいサービス料を受け取るグループです。

紹介屋は直接の手引きで融資が受けられたというように会話しますが、実際は何もしていなくて、単純に規程の緩やかな企業を伝えているというだけです。

この場合でも結局は負債を増加させることとなります。