自己破産というものを行ったとしても司法機関から家族や親類に直に電話がかかるといっ

自己破産というものを行ったとしても司法機関から家族や親類に直に電話がかかるといったことはあり得ません。よって家庭には知れ渡らないように自己破産の申立てが可能だとお思いかもしれません。それでも、実際問題として自己破産を希望する際に公的機関などから一緒に住む親族の給与を明らかにする書面や通帳のコピーといった証明書類の提供を要求されるということがありますし金融会社から家庭へ書類が送られるような場合もよくありますから知れ渡らないように自己破産行うことができるという100%の確証はないといえるでしょう。家族や親族に内緒にして後に事実が知れ渡ってしまうことに比べれば、はじめから恥を忍んで真実を打ち明けて全員が協力し合ってする方が安全と言えるでしょう。なお、異なった場所に住む家族や親族ならば、自己破産の申告をしたのが知られるようなことは不安に思う必要はないと理解して間違いありません。夫(妻)の賠償義務をなくすために離婚届の提出を図るカップルもいるようですが、まずたとえ夫婦である場合でも本人が連帯保証人という立場になってしまっていない限りにおいて法律的な拘束はないのです。ですが連帯保証人という身分であるときはもし離縁することを実行しても保証人という立場上の義務に関しては残存しているから支払い義務があります。したがって離婚届の提出を実行しただけで借りたお金の法律上の支払義務が斟酌されるといったことは認められないのです。また、たまに借りたところが借入者の家族や親族に支払いの請求を行うといったことがありますが連帯保証人あるいは保証人という立場になっていないようであれば親と子供や妹と姉というような近親者間の負債に関して借りた張本人以外の家族や親族に民法上では支払い義務はあり得ません。それ以前に業者が支払い義務を持たない家族の人などに対して支払請求をするのは貸金業の規制法を実施する上での政府機関の営業取り決め内で固く禁じられており、請求の仕方によりますが貸金業規制法の取立ての規則に違うこともあります。なので支払い義務を持っていないにも拘らず自己破産申請者の親族が支払いの催促を受けたという事実が存在するというならば、借入先に支払の請求直ちに停止するよう通告する内容証明の郵便を出すのが良いでしょう。情けをかけて借金を持つ人その人が不憫だからといって借りた本人を除く親族がお金を代理で請け負って返してしまうような話も聞きますが債務をもつ本人自立心を無くしていつまで経っても借金のトラブルを引き起こしてしまうことがあるのです。という訳ですから、借り手本人のことを考えれば酷なようですが借金を持つ本人努力で返済義務を返させていくか自力での更生が見込めないのであれば破産申請をさせる方が借りた本人今後の生活をまっとうするためには良いと思われるのです。