破産手続きを考えている人で借金にあたりその保証人となる人がいる場合には、あらかじ

破産手続きを考えている人で借金にあたりその保証人となる人がいる場合には、あらかじめ相談をしておくべきでしょう。再度、強調しておきますが、保証人となる人物がいるときは破産の前段階にきちんと検討しなければなりません。なぜなら、あなたが破産手続きを取って免除がおりると、保証人になっている人がそれらの義務を全部支払うことになるからです。だから、破産手続きの前段階で保証人になってくれた人に至った経緯とか現状について報告し、謝罪をしておかなければいけないでしょう。これらは保証人になってくれた人の立場からすると当然のことです。友人等のあなたが破産することによりとたんに膨大な返済義務が発生するわけです。そうすると、それからの保証人である人の考慮する手順は4つあります。一つの方法は、保証人自身が「全部支払う」ということです。

保証人となる人がすぐにでも大きなカネを簡単に返せるほどの貯金を用意しているならばそうすることができます。そういう場合はむしろ、あなたが破産手続きせずにあなたの保証人に立て替えをお願いして自身は保証人となる人に月々一定額を返済していくという手順も取れるのではないかと思います。保証人が借金をした人と親しい関係にあるならいくらかは返金期間を延ばしてもらうこともできないこともないかもしれません。また合わせて完済できなくても、貸金業者も相談すれば分割支払いに応じるものです。あなたの保証人にも自己破産を行われてしまうと、借金がなにも戻ってこない可能性があるからです。
保証人が債務者の借金を全部立て替える財力がなければ借金した同じように何らかの方法による債務整理をすることを選ばなくてはなりません。続いては「任意整理」によって処理することです。この方法は貸方と話し合いを持つことによって、5年ほどの期間で完済していく方法になっています。依頼するときの費用の相場は債権1件につき4万円。全部で7社から契約があったなら28万円いります。確かに債権者との交渉は自分でしてしまうことも不可能ではないですが法律の経験がない素人の場合向こう側が自分たちにとって有利な条件を勧めてくるので、気を付けなければなりません。それに、任意整理になるということは保証人に負債を立て替えてもらうことを意味するわけですから借りた本人はたとえちょっとずつでもその人に支払いをしていく必要があるでしょう。

3つめは保証人となる人も返せなくなった人と同じく「自己破産を申し立てる」場合です。保証人となる人も破産した人と同じく破産を申し立てれば保証人である人の負債も消えてしまいます。しかし、保証人である人が戸建て住宅などを登記している場合はそういった資産を失いますし資格制限のある職についているならば影響があります。その場合、個人再生を活用できます。では4つめの方法は、「個人再生を利用する」方法があります。マンション等の不動産を手元に残したまま整理を望む場合や破産申告では資格制限がある業務に従事している場合に利用できるのが個人再生制度です。この方法なら自分の家は残りますし破産手続きの場合のような職種制限、資格制限等は一切かかりません。