特定調停による方法も任意整理による解決とほぼ同じく、おのおの債権を有する者に対し

特定調停による方法も任意整理による解決とほぼ同じく、おのおの債権を有する者に対して支払いを続けることを前提とした債務の整理の手だてのことです。

他の表現でいうなら裁判所が行う負債整理ということができます。この手順も任意整理と似ていますが自己破産手続きとは違い一部分の借金だけをまとめることが可能なため、他に保証人が付く借入金を除き処理する場合やクルマのローン以外について手続きする場合等も検討することもできますし資産を手放す必要がありませんので株式や住宅などの自分名義の資産を持っているものの、処分したくない場合でも選択肢になる債務整理の手続きです。

手続きを取った後返済が必要となる額と実際に可能な給与等の収入をかんがみて、妥当な範囲で返済が見通せるようならばこの方法で手続きで進めるほうが良いですが、破産宣告のように返済義務そのものがクリアになるわけではありませんので金額が巨額な状況の場合、現実問題としてこの方法での選択をするのは困難になると判断することになるでしょう。

あと、この解決策の場合は裁判所という機関が間に入ってくるので弁護士等に頼まなくても不利になってしまうようなことはないことや、処理のための費用を低くおさえられるというポイントは魅力的ですが貸方からのわずらわしい取り立てに対し自ら処理しなくてはいけない点に加え裁判所に何度も通う手間を要するというような留意点もあります。任意整理による解決との比較になりますが、調停にて解決が得られないような場合は求められている利息を全部含めた形で支払っていかなければいけないということや結果としては貸し手に対して返す金額が任意整理による処理の場合と比べて高くなる傾向にあるなどの覚えておきたい点もあります。