特定調停による処理も任意整理による解決と変わりなく各債権を有する者に対し借金の返

特定調停による処理も任意整理による解決と変わりなく各債権を有する者に対し借金の返済を継続していくことを前もって決めた債務の整理の選択となります。

言い換えるなら裁判所が関係する負債整理ということができます。

この方法も任意整理と同じように、破産宣告とは異なり一定のお金だけをまとめることができるため、他の連帯保証人が関連する契約を除き手続きしていく際やクルマのローンを別として処理したい際等も使用することが可能ですし、築き上げてきた財産を処分する義務はないのでマイカーやマンションなどの自分名義の資産を持っているものの放棄したくない状況であっても活用可能な債務整理の方法です。

いっぽうで、手順を踏んでからの返済に必要となる額と実際の収入額を比較検討して適度に返済の計画が立つようである場合は特定調停による手続きを進めていくことは可能ですが、破産申告とは違い返済義務自体が消えるということではないため、お金の総量が多い状況の場合特定調停の手続きを踏むのは困難だということになります。

いっぽう、この特定調停は司法機関が間に入るため司法書士等に関わってもらわなくても不利になる心配がないことや処理のための金額を圧縮できるという良いところがありますが各債権者からの督促に対して自分で処理していく必要がある点に加え実際に裁判所に足を運ぶ手間を要するなどといった注意点もあります。

それから、任意整理と比較するとこの方法により和解が成立しないような時は金利をそのままの金額で返していく必要があるということや結果的にお金の貸し手に対して返すお金が任意整理による解決と比べて高くなってしまう傾向にあるなどといった注意点もあります。