特定調停という手段も任意整理による解決と同じくそれぞれ貸方に返済を継続していくこ

特定調停という手段も任意整理による解決と同じくそれぞれ貸方に返済を継続していくことを前提とした借金を整理していく形のことです。言い換えるなら裁判所が行う債務の整理となります。

特定調停も任意整理と似ていますが破産とは違い一定の借金のみを処理していくことになりますので、他に連帯保証人が付いている借入以外だけを整理する時やクルマのローン以外だけを処理していく場合などでも使うことができますし全ての資産を処分する義務はないのでマイカーや不動産などの財産を持っているものの、放棄したくない状況であっても有力な選択肢になる債務整理の手順です。いっぽう、後々の返済に必要となる額と実際として可能な所得額を比較して、適切に完済が見通せるのであればこの方法で手続きを取ることが可能ですが、自己破産手続きと異なり借金自体が消えるわけではありませんので、借金の総額が大きい場合などはこの手続きを踏むのは困難だということになります。

いっぽう、この解決策の場合は国の機関が間に入ってくるので司法書士等に見てもらわなくてもリスクが増えるようなことにはならないということや諸費用を圧縮できるという点はありますが、貸方からの催促に対して債務者自らが説明しなければならないことに加え所定の裁判所に数回通うことが求められるといった注意点もあります。くわえて、任意整理と比べると、最終段階でも和解が成立しないような時は利息を全部付けた金額で振り込んでいく必要があることや結果的には債権を持つものに対し支払っていく合計が任意整理による手続きの場合と比べて増える傾向にある等の留意点もあります。