特定調停という手段も任意整理による解決とほぼ同じく、おのおのの債権を持つものに対

特定調停という手段も任意整理による解決とほぼ同じく、おのおのの債権を持つものに対して債務の返済を継続することを前もって決めた債務整理の選択肢のことです。わかりやすくいうならば裁判所がやる負債の整理と考えればいいでしょう。

この方法も任意整理による処理と同じように破産手続きとは違ってある部分だけのお金だけを処理していくことができるため他に連帯保証人が関与している負債額以外について検討したい際や自動車ローン以外について手続きをしていく際等においてでも使うことが可能になりますし、全ての財産を処分する義務がないため投資信託やマンションなどの自分名義の財産を持っていて、放棄したくない状況でも選択肢になる債務整理の手順になります。手続きを取った後の返済金額と給与等の収入を比較検討しある程度返済の目処が立てられるのであれば手続きを進めることは問題ありませんが、破産申告とは違って返済義務が消滅するというわけではありませんので、借入金の総量がかなりになる場合には、残念ながら方法を取るのは困難であるということがいえるでしょう。

あと、この方法だと裁判所という機関が介入することになりますので司法書士等にゆだねなくても不利な立場に立たされる心配はないということやお金を低くおさえられるという良いところはあるのですが、貸方からの取り立てに対し本人が処理していくことになる点や実際の裁判所に幾度も行く手間がかかるといった留意点もあります。任意による整理と比べると、同意が得られないときには求められている利息をすべて含めた金額で返済していかなければいけないといったことやあとから見ればお金の貸し手に返済していくお金が任意整理による処理の場合と比べて高くなる場合が多いなどの注意点もあります。