民事再生による整理は住宅のローンも含む多重の債務に苦しむ個人に対して住居を維持し

民事再生による整理は住宅のローンも含む多重の債務に苦しむ個人に対して住居を維持したまま金銭管理において立ち直るための公の機関を通した謝金の整理の方法として平成12年11月に適用された法律です。  
民事再生は、自己破産みたいに免責不許可となる要件はないために賭け事などで債務ができたような場合でも民事再生手続きはできますし、自己破産をすると業務不可能になる立場で仕事をされている方でも民事再生は検討可能です。  

破産手続きでは、マンションを手放さないことはできませんし、任意整理や特定調停などでも、元金自体は完済していかなくてはなりませんので、住宅ローン等もある一方で支払い続けるのは現実として難しいと思われます。  
でも、民事再生を選択することができればマンション等のローンを別とした借入金は十分なものを減ずることができますので、住宅ローン等を返済しながら残った借金を支払っていくようにできるということになります。  
でも、民事再生という手段は任意整理による手続きまたは特定調停といった処理とは異なりある部分のみの借り入れだけを切り取って処理していくことは考えられませんし自己破産の場合のように借り入れ金それ自体消えるわけではありません。  それから、別の解決策に比べ処理が煩雑で手間もかかりますので、住宅ローンなどを組んでおり住んでいるマンションを維持していきたい場合等を除いて、破産申請などその他の方法がとれない場合の手段とみなした方がいいでしょう。