民事再生による整理は住宅のためのローンも含む複数の債務に悩んでいる人々を対象とし

民事再生による整理は住宅のためのローンも含む複数の債務に悩んでいる人々を対象とした、住んでいるマンションを維持しつつ経済的に立ち直るための法的な道として2000年11月に利用できるようになったルールです。

民事再生には、破産申告みたいに免責不許可となる要素はないために賭博などで借金を作った場合でも民事再生はできますし、自己破産が理由で業務できなくなってしまう業界で働いているような人でも民事再生は行えます。

自己破産では住居を残しておくことは考えられませんし、その他の債務処理では、借金した元金は支払っていかなくてはなりませんので住宅のローンを含め支払うことは多くの人の場合簡単ではないでしょう。

とはいえ、民事再生を選択できれば住宅ローン等を除いた借金額はかなりのお金を減ずることが可能ですので住宅のためのローンを返済しながら残りの借金を支払い続けることができるということになります。

ただし、民事再生という方法は任意整理または特定調停などとは異なってある部分のみの借り入れだけを省いて手続きしていくことは許されていませんし、破産宣告の場合のように債務がなくなるわけではありません。

さらには、他の選択肢と比べてこみいっていて手間が必要ですので、住宅ローンがあってマンションを手放したくないような状況以外で、自己破産等他の方法がない場合の方法と判断しておくのがいいでしょう。