民事再生という選択肢は住宅ローンなども含む多重の債務に苦しめられている債務者をタ

民事再生という選択肢は住宅ローンなども含む多重の債務に苦しめられている債務者をターゲットとして、住んでいる家を手放さずに金銭管理において立ち直るために法による債務整理の処理方法として平成12年11月にスタートした手段です。

破産申告とは違い免責不許可となる要件はないために散財などで借金ができたような場合においてもこの手続きは選択可能ですし破産申告が理由で業務の停止になる危険のある立場で給与を得ている方でも手続きは可能です。

破産手続きではマンションを保有したままにすることは無理ですしその他の債務処理では、借金の元金は支払っていくことが求められますので住宅ローン等も返しながら払っていくのは実際のところは難しいと思われます。

といっても、民事再生による手続きを選択できれば住宅のためのローン以外での借金額は多くの減ずることもできますのである程度余裕に住宅ローン等を返しつつ残りのローンを支払い続けることもできるといえます。

とはいえ、民事再生という選択肢は任意整理による手続きまたは特定調停といった処理とは異なって一部分の借り入れだけを省いて処理していくことは考えられませんし破産においてのように返済義務それそのもの消滅するということでもありません。

これ以外の整理方法と比較すると手続きの手順が簡単には進まず期間もかかりますので住宅のローンを持っていて住んでいる家を手放せない状況など以外の、破産手続きなどのその他の選択肢がない場合における手続きとみなした方がいいと思います。