僕の中で何より苦しみ続けた取り立てが中止させることができた!

借金で一番理不尽な経験だったキャッシング会社の取立てを止めさせることがした僕の話を紹介します。私は工場の派遣ですが、1年間に入るお金はやっと190万円にしかない状態です。毎月の収入は15万円程度なので、毎月の家賃やガス代、食事代にもろもろの経費で賄ってやっていますが、かなりいつもギリギリの給料です。そういうこともあり、支払いをしなければならないたびに無担保ローンの借金をいつの間にか繰り返していました。ほんのわずかでも負担を少なくしたかったので、カードを作った初めての借入れで4週間無利息というシステムの金融関係を至るところからぼくは借りていってしまいました。収入が少ないので、金融業者1社に対しての借り入れ額は大体10万円程でとどめていたのですが、しかし、目下、元手が600000円、全部の利息も加えると1000000円近くの借入れ金にまで上り、1か月ごとのローン返済額も4万円弱になり、返し続けることが難しくなってしまったんです。

今借り入れているキャッシング業者は併せて6社です。これらの業者から借金の返済の促す文面のはがきや電話が、交互に掛かるので、返済が出来ない自分自身が一番悪いのだとわかっていてもげんなりしていました。日勤を終え、携帯電話を確認すると目をそらしたくなるほど沢山の着信履歴が届いて、そうこうしているうちに携帯の料金も払えなくなって止められると分かると、工場へやって来るカードローン業者も複数社のです。これが続けば仕事も出来なくなると思い、地元の司法書士へ事情を話し、債務整理の処理をとることに踏み切りました。債務整理の手続きからしばらく経ってからのことです。僕の債務返済について司法書士が受忍通知を金融会社へ出してから、どこのローン会社からも執拗な取立て 取りたてが止みのです。本当にぴたりと静まって落ち着きを取り戻せるようになってきました。

それだけでも、僕にとっては前向きになり、後の返済や、この先どんな感じで生活していったらベストなのかを納得のいくまで考える日々をきちんと持つことができました。そんな中、司法書士の方が1社ずつ個人再生の交渉をしていただき、利息を減軽による、ローン返済額を減らしていくという話を取りまとめてくれてのです。お陰でひと月の返済額は二分の一にダウン出来て、ようやく生活を立て直していくというめどが持てるようになり心から感謝しています。びっくりするほど劇的に状況が改善できるのなら、抱え込まず早めに司法書士にまず相談に行くべきだったなととても感じました。借金の悩みは、とにかく行動で劇的に解決できます!あきらめる前に法律の専門家や司法書士へメールしてみることをください。