債務調整で払い過ぎたお金が舞い戻ってきた私の場合について

過払いしたお金と法律専門のオフィスについての自分自身の体験談です。負債の再調整の一つのメゾッドである払い過ぎたお金を求めていくことが可能だという事は、近ごろはそこらじゅうでPRしていたために存じあげていました。わたくしも数年前まで、4分の1位の利率で借入れを利用し続けてきたため、相応の払いすぎた分を催促する事ができるに違いないだろうと考えていたのですが、どうして諸手続きをしていったらよいかわからなかったため諦めていました。けれでも、友がとある法律を専門にしてる事業所を通じて過払い金を償還していただく事ができたことを知ったので、わたしでもオンライン上によって法律を専門としてるオフィスを見つけ出し過払いしたお金の要求を行ってみることになったのですよ。

わたくしが見つけ出した法律専門の事務室では、始めにどの種類の借金が抱えこんでいたのかと言うことを事細やかに説明をしました。その結果、かれこれ5年以上に渡って借金を償却してきたけれども、そちらの一部には払いすぎの可能性が存在する事がわかりました。こちらの法律を専門にしている事業所では一月に千件以上の払いすぎたお金の要求を実行している為、自分自身も払いすぎたお金が戻ってくるかもしれないといった見込みが出てきました。法律を専門とするオフィスの人々の言葉だと、50%ぐらいの確率になるけれども、努力して頂きますというお話でした。

結局は、自身の実例だと手数料金を差し引き、20万円くらい払い過ぎたお金が返ってくる事になったのです。この事は天運でした。更に、こちら20万円を残存の借金に対して宛てることで、債務のトータルの額を思いっ切り減らしていくことが可能となりましたね。負債のトータルが少なくなっていくと、金利の分も自ずから減少しますんで、毎月の返還義務が少々楽になりましたね。

あきらめていた払い過ぎたお金の請求なんですけれど、あきらめたらもったいないと言うのが答えですね。法律を専門とするオフィスの人々の言葉ですと、5年もの長期にわたり借金を返還しつづけていらっしゃる人だと、過払い分が発生している目処が存在してると言う話でした。この様に借金の問題に関して、対処していくことが十分に可能なのですよ。一人で悩んでいるのはなんとももったいないことなので、弁護士や司法書士等の専門家に対して質問なさってみて下さい。