任意整理という言葉は借金の整理というように呼んでいてそれぞれ貸方への借金の支払い

任意整理という言葉は借金の整理というように呼んでいてそれぞれ貸方への借金の支払いを継続することを前置きとした債務の整理の手順です。

普通の手続きとしては司法書士事務所あるいは弁護士有資格者貸方と借り手の仲介役として示談をして、利息を定めている法律に照らしながら利息の適用し直しを行い新たに計算しなおした借り入れた元金の年利を減らす形で36か月程度の期間をめどに返済を目指す借金整理方策です。

この場合は各裁判所等をはじめとする国家機関が関係することがないのでそのほかの処理と比べると手続きを取った際における不利益が一番少なく、処理が債務者にとってなにも負担になることはないためここから比較検討したほうがよいやり方ということになります。

さらに、サラリーマン金融などのとても高額な借入利息ならば利息に関する法律が許す利息を超えて返した利息については借金の元金に適用できると考えて借入元金自体を少なくしてしまうこともできます。

つまり、サラリーマン金融みたいなとても高額な利息を取るところへ長い期間返済してきたケースなら期待以上の支払額を減らすことができる可能性もありますし、十数年返済を続けている例では借金そのものがなくなることもあります。

借金の整理の良い点とすると破産手続きとは異なり一定の借金だけを整理することが可能ですので、他の保証人が関連する借入金以外について整理する時や住宅ローンの分以外で検討していく際などにおいても適用することもできますし財産を放棄することが求められていないため貴金属や土地などの自分名義の資産を持っているものの処分してしまいたくない状況であっても有力な選択肢になる借金整理の手続きとなっています。

手順を踏んだ後返済する額と現実の手取り額を比較検討して、だいたい返済の計画を立てられる場合においては任意での方法を選択することは問題ありませんが、破産申告のように負債そのものが消滅してしまうということではありませんので元金の額がかなりになるような場合は、現実には任意整理で手続きを実行するのは困難であるということがいえるでしょう。