キャッシングローンが返済が出来なくなったところにある日突然給料が差押さえられて目の前が真っ暗になりました!

わたしは今札幌で人材派遣に登録する形で交代制で働いていますが、お給料は思うほどもらっているわけではありません。派遣にはボーナスはつかないのですが、生まれつき障害を抱えた父親の日常生活の世話をみたりいる状態なので、ひと月の出費はとても多いしまいます。今より少しでも稼げる職場を探してはいますが、このままの給料ままでは本当に足りなくてカツカツだったも多々あり、カードローンの借入れ額も嵩むようになっていかざるを得なくなりました。

借金の返済がとうとう数ヶ月という期間滞らせてしまったところ、いきなり、契約している派遣会社から給与債権が差押えられたと連絡が入ったのです。派遣会社の人の詳しく説明をでは、カードローン会社が差押がしてしまったので、自分の月給は支給することができないので、一定額が供託されることになってしまうと言われました。貰えるはずの給料がもらう事ができないショックもありですが、自分で増やした借金が返せない状況を派遣会社にもばれてしまったのにもショックで何を言えばいいかわからなくなりました。

見るに見かねた派遣会社の担当者がそういう事だったらと助言してくれ、借金問題専門の弁護士にこのことを相談して来いと提案してくれたのです。わたしも携帯でいくつか調べた後に聞いてみたのですが、弁護士会の相談センターで紹介してされた弁護士は借金処理を専門対応した法律事務所でした。応対してくれた弁護士さんにこれらの問題について相談すると、借金処理の手続きをすればを提案されました。現在の資産状況から自己破産することを地方の裁判所へ申請して、同時廃止の申立てを行い、これまでの差押さえがすべて停止して、抱えていた債務の苦しさからも脱出ことが出来て、新しい気持ちで生活をやり直しを図ることができるとのことでした。自分の仕事は免責決定される期間にある仕事ではありませんのと、契約している人材派遣会社には給料が差し押さえに遭ったと連絡を受けた段階で既に返済のことに四苦八苦しているのはわかっていましたので、僕は自己破産のさまざまな手続きを依頼したのでした。パチンコ等で無駄遣いしているという事情ではないと裁判所で説明したので、思いがけずすんなりと自己破産が確定たのでした。6ヶ月以上破産申請に時間のかかる人もいるという話を聞きましたが、弁護士の先生のお力もお陰で、約75日という早さで免責の決定が下りました。

月々の支払いに悩むことがなくなった上に、今まで通りの日常や賃金の方はそのままを維持出来るので、また新たな気持ちでやり直せできます。しばらくは、クレジットもカードローンも借りたりすることはませんが、逆に、ローン返済返せず真っ青になる危険は0パーセントです。グズグズ悩む暇があったらさっさと借金返済の相談を借金相談センターを話しすれば良かったと思い反省しています。